食事でコレステロールを下げる方法|必要な栄養素を学びましょう

女性

魚と納豆を食べましょう

料理

大豆製品を食べる

大豆や豆腐、納豆、厚揚げ、油揚げ、ゆばなどの大豆製品は、食事で良質な植物性たんぱく質をとれる点で、コレステロール値の気になる人にはおすすめです。肉と比べるとエネルギーが低く、ビタミンB群やE、血圧改善に役に立つカリウムなどを豊富に含むのも利点です。また血中脂質の低下や肥満の解消と予防、大腸がんの予防などにも役立つ食物繊維も豊富に含んでいます。この他に必須脂肪酸のうち血中コレステロールを下げることで知られるリノール酸が豊富なのも大豆製品の特長です。中でも納豆は低エネルギーで栄養価に富み、しかも手軽に食べることができます。好みもあるので無理に食べる必要はありませんが、好きな人は普段の食事に頻繁にとりいれたい食品です。

2日に1回は魚を食べる

魚に多く含まれるn-3系多価不飽和脂肪酸のEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)は、中性脂肪やコレステロール値を下げる効果があることが知られています。また、さばやさんま、ぶり、あじ、にしんなど青背の魚には、タウリンというアミノ酸の1種も含まれていて、血圧を下げる以外に、動脈硬化、肝臓障害、視力障害などを防ぎ、コレステロール値を下げる効果があることが明らかになっています。しかも魚はビタミンやミネラルが豊富で、良質のたんぱく質を摂ることができるので、毎日食べてもいいくらいです。普段の食事が肉に偏りがちの人は、始めは2日に1回くらいのペースにして、次第に肉より魚を多くするのが理想的な食事です。

血圧を正常に保つには

錠剤

高血圧はほとんどの場合、生活の改善により、症状が改善すると言われています。その中でも、食事療法がとても有効と考えられています。原因の一つとされている塩分の摂りすぎを改善するための、減塩の食事や、血圧降下に有効な成分の摂取が必要となります。食事で補いきれない場合は、サプリメントなどを使うのが有効です。

もっと読む

老化防止におすすめ

ゴマ

セサミンは抗酸化作用の高い成分で、肌の老化防止に効果的です。活性酸素によるシワやたるみ、シミ予防におすすめの成分です。また、ビタミンCやビタミンEと一緒に摂取すると、紫外線によるシミが出来るのを予防する効果がアップします。

もっと読む

腸内環境と健康

メンズ

腸内で悪玉菌が増加すると体調が悪くなってしまう可能性があるため、定期的に乳酸菌を摂取することが大切になります。効率のいい摂取方法としてサプリメントを摂ることで、大腸へ正確に乳酸菌を届けることが可能です。

もっと読む